« 2010 クリスマスメニュー | トップページ | 23日のクリスマスディナー、1席のみ空席あります。 »

クリスマス、満席となりました

 皆様、クリスマスディナーのご予約有難うございました。 本日でおかげさまをもちまして23,24,25日、三日間すべてのお席がご予約で一杯になりました。

 ご予約いただいたお客様、ありがとうございます。 クリスマスにふさわしいお料理をご用意して、お待ち申し上げております。

 いつもの暇さから考えると満席疑惑(笑)と思われかねないのですが、ご存知の方もいらっしゃるように例年通り、セレーノでは、一回転で時間制限など無い形でやらせていただいておりますので、ディナーのお席ですと、4卓とカウンターに2名様、普段使っていない奥のお席に2名様ということで、一日、6組様のみの限定クリスマスコースとなります。

 今年ご予約できなかったお客様、来年はお早めにご予約お願い致します。

 ということで、これから仕込みのため、店篭りの日々が待ってます。 眉毛でもそり落とすかな(わかる人にしかわかんないか)

 くだらない話はさておき…

 クリスマスコースの“ナターレ”特製 アンティパスト 6種類の取り合わせですが、詳しい内容決定いたしました。

    大鹿村直送! 信州鹿のモチェッタ 、 穴子のロートロ バルサミコソース

   仏産 七面鳥のスモーク オリーブ風味 、 冷製ザンポーネ レンズ豆のサラダ

   ズワイ蟹とメロンのティンバロ仕立て 、 炙った帆立貝とオリーブのタルタル

 モチェッタや冷製のザンポーネは去年もやった定番です。 一応、イタリアの伝統的なクリスマスをモチーフにして、メニューを組んでおりますので、毎年恒例のものや、去年や2年前にやったものもあります。 ご了承下さい。 何組かのお客様はセレーノで毎年、クリスマスを過ごしていただいている方なのであらかじめお断りしておきます。

 お正月のお節と一緒で、縁起をかついだ食べ物や謂れのある食べ物をクリスマスに食べる風習がイタリアにはありますので、そうしております。 

 ザンポーネや金運アップのレンズ豆、冬でも枯れないので生命力の象徴とされるオリーブ、アメリカから逆輸入されて、ヨーロッパにも広まった七面鳥、南イタリアで食べられる大鰻の代わりに穴子(蒲焼以外は穴子が好きという個人的な理由ですが)赤い公爵とも呼ばれ、再生や保護を意味するオマール海老、北イタリアでクリスマスのメインを飾る鴨(アヒル)、豊穣の印とされる柘榴、いろいろなクリスマスらしいものを盛り込みました。

 いつも毎日メニュー変えてるのでたまにはこういうのも新鮮かとwink

 まったくイタリアの通りにやると、イブなんかはけっこう質素な料理になってしまいますので、滅多に使わない豪華な食材も織り交ぜながら。

 クリスマスと言えば七面鳥、いつもは使えないフォアグラやトリュフ、一人前としては大きくなってしまうシャラン産のバトー・ド・カナール。

 せっかくのクリスマスなので原価なんて気にせず、豪華にいきましょうhappy02

 あとで、ソムリエに小言を言われるのは僕だけですから・・・

 ちなみに、クリスマス期間中の三日間は満席となりましたが、その前後はまだまだお席がございます。

 年の瀬のお忙しい時期ではありますが、是非、一年の締めくくりとして、セレーノでお食事はいかがでしょう。 皆様のご予約、お待ち申し上げております。

 

ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

,

|
|

« 2010 クリスマスメニュー | トップページ | 23日のクリスマスディナー、1席のみ空席あります。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470945/38102766

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス、満席となりました:

« 2010 クリスマスメニュー | トップページ | 23日のクリスマスディナー、1席のみ空席あります。 »