« 近況報告 | トップページ | 魚は鯛 »

セレーノの桜はこれから!

 土曜、日曜日の春の嵐、皆さん大丈夫でしたか? 

 土曜の夜、あの予報の中、来てくださったお客様本当にありがとうございました。 

 営業中は雨は強かったのですが嵐という感じではなかったのに、片付け終わって帰り始めたら、急に土砂降り! そして30分ぐらいで収まるという・・・ なんか運が悪いというかなんというか、ま、お客様に来ていただいたということで、とんとんですか

 さてさて今年の桜は例年より早咲きでしたね。 その後、天候不順が続いて、もうほとんど葉桜になってしまって、もの寂しい感じですが、セレーノの桜はこれからです。

 そう毎年恒例の春の桜鯛フェア! いよいよ今年で6回目、今年も新メニューでいきます。

 149今年のメニューは“天然桜鯛のリゾット

 あれ、今年はプリモかと思ったお客様、期待はずれでしたか? そこは、はい、セレーノですから、鯛をグリルしたものを上に乗せて一緒に召し上がっていただきます。 ウニコピアットに近い感じでしょうか。

 前も焼きリゾットと組み合わせて、鯛のスープを流してっていうのはやりましたっけ、でも、今回は一から炊くリゾットです。

 ちなみに過去のメニューは

      2012年はこちら 天然桜鯛のアルフォルノ

      2011年はこちら 天然桜鯛の香草グリリア トマトの香りの鯛のスープとともに

      2010年はこちら 桜鯛のブロデット

      2009年はこちら 桜鯛 焼きリゾットとスープ添え

      2008年はこちら 桜鯛のカルトッチョ

 本当は2008年のカルトッチョをもう一度やってみようかなと決めてたのですが、ある日急に閃いて、あ、リゾットがあるじゃないかと

 たまにセレーノでもリゾットやりますが、プリモとしてはちょっと日本人には難しいですよね~

 お腹にもたまるし、最後の〆としてのご飯に慣れてると、その後メインというのがどうも流れが悪いような感じもしますし。

 ということで、ここで皆さんにリゾットのおいしさを再認識していただこうかなと思って、フェアのメニューに持ってきました。

 うちでリゾット召し上がったことのないお客様結構いらっしゃるのではないかとも思いまして。

 実は忙しい日は意図的にメニューから外してあるので、載ってるの見たことのない方もいらっしゃるかもしれません。 リゾットのオーダーが入ってしまうとどうしても火口が同時に二個、20分ぐらい埋まってしまいます。 狭いセレーノの厨房ですからもともと火口4つしかないので、それだと他のオーダーがうまくいかないので、基本的には土曜日とか予約が多い日はメニューから外さないと厨房の中がパニックになってしまうので

 ということで、皆さん、“天然桜鯛のリゾット”是非この機会にお召し上がりください!

 鯛の頭や焼いた中骨からとったそれだけでもおいしいスープで炊いたリゾット、さらに自家製のドライミニトマト、季節の春野菜を加え、最後にさっとグリルした鯛の切り身をのせます。

150 今回も2~2.5キロの一番旨みののる大きさの天然真鯛を僕の田舎の長崎の佐世保漁港から直送してもらいます。 明石の鯛も有名ですが、佐世保の鯛も負けてません。 特にこの時期の桜鯛と呼ばれる産卵前の鯛は火を入れたときのおいしさは目を見張るものがあります。

 祝い魚の代表格として最高の位をしめる鯛、その本当のおいしさを味わって下さい!

 では、皆様のご予約お待ち申し上げております。 週末の土曜日にいらっしゃる方は特に早めのご予約をお願いいたします。 

 実は木曜日、金曜日がお奨めです。 都心の飲食店では忙しい曜日なんですが、うちではなぜか暇です。 ゆっくりと僕の長話でも聞いてください(笑)

 

 ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

« 近況報告 | トップページ | 魚は鯛 »

桜鯛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セレーノの桜はこれから!:

« 近況報告 | トップページ | 魚は鯛 »