« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

ありがとうございました

今年も一年ありがとうございました。 セレーノは年末あと一日、29日を持ちまして、今年最後の営業となります。 新年は6日(土)ディナーから、7日(日)8日(月)と休まず営業致しますので、ご予約お待ち申し上げております。

Dsc01336 クリスマスご来店頂いた皆さんありがとうございます。 楽しんでいただけたでしょうか? 今年一年の感謝を込めて黒い雪を降らせていただきましたhappy02

 同業者のSNSでが直前キャンセルやドタキャンの情報が飛び交うなか、セレーノはキャンセルなしでホッと胸をなでおろしました。 曜日の関係もあって普段ではあまり考えられないほど( 値段やコース内容を決める前に ) 早く満席になってしまったので、正直ドキドキしていたのですが… 

 クリスマス、ご予約をお断りした皆様申し訳ありませんでした。 一月はのんびりしたいつものセレーノに戻っていますので、是非いかがでしょうか? 冬の新作メニューをご用意してお待ち申し上げております! (常に自分で自分の首を絞めているような)

 クリスマス後もいつもの皆様が年末のご挨拶に来られて、いつもの年より賑やかに過ごさせて頂きました。 仕込みの日も勘定すると19連勤になりますので、ちょっとバタバタした感じですいませんでした。 ブログも長文ブログが書けず、ご期待に添えず申し訳ありません。 来年は日本一長い飲食店のブログとして認定されるよう頑張りますwink

 年末は諸事情で田舎に帰省するので、恒例のカウンターのニス塗はできなくてすいません。 ワックスは飛行機に飛び乗る直前にできたらやりたいなと思っています。 動けるかどうかギリギリなので結果は見てのお楽しみということでlovely

 ではでは皆さんよいお年をお迎えください! 

 ちなみに今年のセレーノを漢字一字であらわすと“復”でしょうか? “折”でしょうか?

 不死鳥のように蘇ったセレーノ、 来年は体調管理に気を付けて頑張りたいと思います。

 

 

 ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

 

 

ジビエフェア終了?

 国産ジビエフェア、皆様ご来店ありがとうございました。 今年のジビエキングは3.5回で松戸のKさん! わざわざ松戸から通って下さってありがとうございます。 0.5回は予約くださったのに満席で入れなかった分ですwink 商品は後日お渡しします。 トナカイの被り物とかがいいですか?happy01

 タイトルを見て?とはなんぞやと思った方もいらっしゃるかもしれません。 ジビエフェアは終わりましたが、ジビエはまだあります。 フェア最後まで失速しないように、猪も大量に仕入れたため、ロースの部分は少量ですが、他の部分や保存食に加工したものやなんかはまだあります。 鹿は年末までメニューにのせますし。 フェアの時ほどジビエ尽くしのメニューというほどではありませんが、通常のメニューに信州鹿や天然猪入りますので、食べ逃した方は是非お待ちしております。 コンソメもまだあります。 フェア終わりからクリスマスまではかなり暇なことが予想されますので、のんびりできます。 ご予約お待ちしてます。

 さてそのクリスマスですが、セレーノでは今年は22、23、24の三日間、クリスマス特別コースをやります。

 はい、ところが有難いことに今年はメニューの発表もまだですが、すべて満席となりました。

金土日という良い曜日というのもありますし、時間制限なしの一日6組限定というのもあって早かったです。 ご予約いただいた皆様ありがとうございます。

 さて遅くなりましたが今年のメニューです。

         クリスマス特別コース     ¥8500

            ナターレ特製 アンティパスト 6種類の取り合わせ

信州鹿のモチェッタ、 バッカラ・マンテカート〈鱈のペースト〉、 穴子のトロンケット

冷製 ザンポーネ〈豚足のソーセージ〉、天然猪のスモークハム、 帆立貝と蕪のティンバロ

  フランス産 鴨のフォアグラのパデッラ ナツメヤシと白バルサミコのソース

 アイスランド産 スカンピ海老のフレッシュトマトソースの手打ち タリオリーニ

                ブレス産 七面鳥のトルテッリーニ

 生ハムを巻いた黒毛和種 “宮崎牛” ヒレ肉のロースト 伊産 黒トリュフ添え

      長崎産 苺のズコット・ セレーノ特製チョコレートケーキ・ ジェラート

 毎年のように来て下さる方も多いので色々悩むのですが、一年に一度のお祭り!、このクリスマスにしかやらないメニューということで、例年と似たメニューです。 

 フォアグラ、和牛ヒレ、黒トリュフと高級食材三昧のメニューですが、普段セレーノでは自主規制している食材ですので、一年に一度のお楽しみということで楽しんでいただけると嬉しいです。

 ご予約なさった方で、もし苦手な食材やメインを魚料理にという方、ご妊娠中の方がいらっしゃるようでしたら、お電話にてご連絡下さい。 当日のメニューの差し替えはできませんのでご了承ください。

 25日、クリスマス当日は月曜日ということでコースはやりませんが、アラカルトでフォアグラ、トリュフ、和牛ヒレのメニューを考えております。 是非ご予約お待ち申し上げております。

 今回のジビエフェア、ブログあまり書けなくて申し訳ありませんでした、猪が届いたら新しいブログ書こうと思い、なかなか入荷がなく、後ろにずれ込んで、猪がきたらきたで仕込みでてんてこ舞い、間にパーティーも挟んで、とかなりバタバタしてしまいました。 体調維持のためあまり夜なべをやめているので、なかなか時間がとれず、なんだか毎日仕込みだらけでした。 

 ちょっと来年はフェア自体を見直して、フェア中のパーティーは受けないとか、ジビエ以外の魚介のメニューを減らすとか、ジビエのセットなり、コースなりをつくるとか考えます。 自分の体力的な衰えもあって、ちょっと手に負えない感じになってきているので…

 でもやはりジビエフェアをやっていて、「鹿や猪ってこんなに美味しいんだ」って声を聴くと自分のことのように嬉しくなってしまいます。 もちろん調理しているのは僕ですが、本当に何もすることのないくらい送って頂いている素材がいいので。

 料理に詳しいお客様ほど下処理大変でしょうという方が多いのですが、癖を抜くための下処理は何もしてません。 信州鹿と天然猪、2種のジビエでヴァリエーションを出すための仕込みが膨大なだけで…

 たまたまの出会いが本当にセレーノにとって幸運で本当に恵まれているなと思います。 

 ソムリエが友達とお世話になった旅館が大鹿村にあるということで、名前がそんなだから鹿いるんじゃないなんて冗談みたいな話から、鹿の処理場を紹介して頂いたら、その道では先駆者的な有名なところだったり、ネットで僕の地元の近くで猪が獲れるということでお電話したら、厳選した良いものしか送ってくれないところだったり…

 どちらも良心的な価格で卸して下さいますし、いつも温かい言葉をかけていただいて、大変お世話になっています。 

 この前もこんなことが・・・

60sio 信州鹿の料理に使う大鹿村特産の山塩を切らしてしまって、(実は今年は大鹿村に行こうといってたので、いつもは、よく大鹿に行く友人に買ってきてもらうのに頼んでなくて、その計画も僕の骨折でうやむやになってしまって) ジビエフェア直前に気付き、慌てて間に合わないからどこか通販できるところをネットで探して、電話して送り先を告げたら「ああ古賀さん、Mです」と電話口の声の方が!

 なんとお世話になった田舎宿“美野鹿”の奥様でした。 ご無沙汰してすいませんと謝りながら、山塩を注文したい旨を伝え、送って頂いたら、丁寧なお手紙も頂戴し、手作りのフリーズドライのブルーベリーやなんかを戴いて、本当に有り難い限りです。 

 実は、この“塩の里直売所 ”は、美野鹿の方がやってらっしゃるということで、そういえば以前お伺い推した時に大鹿村の発展のためにいろいろなアイデアを語って下さってたなかに、産直の話もあったなと思いだし、それが実現されたんだなと改めて感心しました。 偶然にもそこに僕が知らずに電話したわけで、電話の向こうのMさんも驚いていらっしゃいました。 今年こそは大鹿村に伺わせて頂きます。

 1月にお伺いした江迎の山下商店のMさんは、帰り際に今度東京に女性陣で食べに伺いますよ~と言って下さっていたのですが、早速、今月初め“牡丹の会”4名様でいらっしゃってくださいました。 

 “牡丹の会”というのは、江迎で結成された猪料理を研究する女性の会だそうで、本当は8名ぐらいいらっしゃるそうですが、今回は精鋭4名でセレーノに来て下さり、ジビエ尽くしのコースを堪能して下さいました。 セレーノに来て下さった後、羽田に直行で帰るという弾丸ツアーでわざわざ東京の端の大山まで来て下さって、ありがとうございました。 次回いつ田舎に帰れるか分かりませんが、その時はゆっくりお会いしたいです。

 色々な方との出会いがあって、セレーノの国産ジビエフェアは続いております。

 ではでは、もういくつ寝るとお正月~、いやいやクリスマスがあるから寝れないやと思いながら、今宵も大山セレーノで皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »