« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

スプマンテフェア開催中!

   梅雨入りでなんとなく晴れてても空気が重く、鬱陶しいこの頃、セレーノの調理場は熱帯化しております 

 いやいや、無料でサウナに入れるのだからラッキーとポジティブシンキング! お茶をひいても、ワールドカップを見れるようにとお客様が温かい気持ちで時間を空けてくださったんだと感謝!(日本×コロンビア戦の実話) 常に前向きに頑張っております

 お客様に“ブログまだトマトのままなんだー”と指摘を受けても、ちょっと焦らしてみただけなんて受け答え、まさかのスランプなんてこともなく、ワールドカップで疲れてるわけでも、飲み過ぎてるわけでもなく、雨がふっててガーデニングもそんなにできないし、新しいメニューもなんだか天から降ってこないし・・・ なんでしょうね~ 

 気分一新するためにも泡でも飲むか!ということで、梅雨の時期恒例の“スパークリングワインフェア”始まっております! シークレットサービスも始まっております!

Fullsizerender_4 小さいお店ですので普段はグラス用のスパークリングはハーフのプロセッコということが多いのですが、この時期は多種多様な泡をどんどん開けます! なんといってもソムリエは大の泡好き、いつもより試飲の量が多いような気がするのは僕だけでしょうか?

 ちょこちょこと前菜をつまみながら泡や白ワインを飲む、もう気分はヴェネツィア! バーカロでチケッティを食べながらオンブラを飲む、一度はやってみたいものですね~ セレーノで疑似体験して下さい。 あ、立ち飲みではないので悪しからず…

 梅雨と言えば、入梅イワシ、見違えるように大きくなったイワシも旬! イワシは青山で長くお世話になったお店の定番メニューでしたので、そのころと同じ仕込み方で。 

 この時期は、セレーノのスペシャリテの鮎のグリリア もありますが、去年からの新作“長良川 天然郡上鮎のコンフィ”もいいです。 鮎のコンフィってよくあるよねって思ったあなた! 食べてみて下さい。 鮎は塩焼きに限るなんていわせません。

 梅雨の水を飲んで美味しくなると言われるイサキもいいですね、うちの田舎では、イッサキと呼んで夏の定番でした。 ちょっとクセのある磯の香も美味しさのうち、ちょっと小さめの方が脂が強くなくてイタリア料理には向いてるかもしれません。 焼くとじゃが芋と相性が良いのでオーブン焼きや包み焼きでどうぞ!

 岩牡蠣もどんどん良くなっています。 岩牡蠣に焼き茄子のタルタルを合わせたもの、一度は食べていただきたい夏のスペシャリテです。 新作として、軽く火を入れて、ガスパチョ風味のトマトのサルサでいただくカクテル仕立てもやってます。 カナダでオイスターショットと呼ばれる食べ方があって、そこから発想してます。 牡蠣あんまり得意じゃない人でもイケルと個人的には思います。

 フランス産のバルバリー鴨も、輸入禁止が解け、大分価格が安定してきたので、豚のグリルに変わる定番メニューとしてやっています。 シンプルに胸肉をローストして、その日のソースで! いかがでしょう。

 予想だにしなかった日本のワールドカップでの快進撃で、これからお店は平日はさらに暇になるような・・・ いやいやジャパンを見習って予想を覆して決勝トーナメントに行けるよう(何の大会?)がんばります

 ではでは、天気予報みたいにお客様がいつ、どこに多いのか予想できたらひと山当てられるかななんて妄想しながら、今宵も大山セレーノで皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 

 ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

 

 

長崎直送! 小串トマト“感激”

 あっという間に6月、もうすぐ梅雨入りですね~ しばらくブログお休みしてたら、“また骨折してんの?”なんて声が聞こえそうなのでそろそろ気合いを入れて復活します

 5月のGW中は皆様ご来店ありがとうございました。 “GWにセレーノ来るのは、我が家の年中行事だから!”と仰って下さるお客様もいらっしゃって、本当にありがたい限りです。 本当にありがとうございます。

 ただ鯛のスペシャルメニューの後遺症で左肘はいまだにすこし痛いです。 右肩がおかしくなると予想していたのですが、まさか支える方の左が・・・ どこを痛めたのか謎ですが、鍋ふるのにはまったく影響がないので、仕事にはほぼ支障なし、バリバリこなしております。

 連休の後、自分探しの旅にちょっとだけ田舎に帰ってました。 いろいろルーツを確認でき、桜鯛のフェアでお世話になっている佐世保市場のほうにもご挨拶にいけました。 

 なかなかお電話だけで実際にお会いしたのは何年も前にうちの店にご挨拶に来ていただいて以来と不義理をいたしておりましたので、安堵しました。 

 市場で働いている方々にまじって、“もったいない食堂”で早めのランチをいただいたり、市場で鯖の仕分けの機械をみたりといろいろ楽しみました。 取り引きさせて頂いてるアクトフォーさんが“めぐみもん ”というブランドでいろいろ商品を開発されてて、“九十九島サーディンディップ”をお土産にいただき、え、背黒イワシって佐世保でもとれるんだなんて今更ながら案外地元のことって知らないものなんだなと思いました。

 さてGW明けはのんびりしたいつものセレーノでしたが、いろいろとやることや課題も多く、シェフズガーデンのハーブも植え替えたりとなかなか忙しくしておりました。 新メニューをと意気込んでみたのですが今年はなんだか食材の旬が短く変わり過ぎて追いつくのに精一杯な感じでなかなか新しいメニューを開発するのは一筋縄ではいかないものです… 頑張ります。

 地元に帰った時、ちょうどスーパーでたまたま小串トマトを見つけたので、さっそく買い込みましたが、それもなくなったので、セレーノの九州方面仕入担当新部長(あ、妹です。母は社長に昇格しました)が新しく佐世保の青果市場で仕入れてくれました。 

Dsc01496 そしたらなんと“感激”が送られてきました。 川棚でたった5軒の農家さんが生産されている小串トマトですが、品種的には“華美”が80%と多いのでなかなか感激は手に入りません。

 ちょっと蒸し暑い日が続くので、“小串トマトの冷たいフェデリーニ”はいかがでしょうか? セレーノで冷たいトマトのパスタが登場するのはこの時期だけ、多分もう最後の入荷になると思いますのである分で打ち止めです。 甘みと酸味のバランスがよく、旨味が強いトマトならではの、美味しさを冷たいパスタでどうぞ!

 もったいないですがシンプルなトマトソースをエスプレッソでつくるのも美味しいです。 前菜の魚介にあわせるガスパチョ風味のトマトのスープも今だけ小串トマトです。 是非、みなさん食べにおいで下さい。 たぶん東京で小串トマト食べれるのはセレーノだけだと思います。

 初夏の定番の鮎のグリルも始めました。 岩牡蠣もそろそろ良くなり始めるころかなと目星をつけ始めています。 新作はまだ未定です。 いろいろインプットはしてあるので、待ってればそのうち出てくるでしょう

 そろそろ泡の季節ですね~ でも明日、2日の土曜日、まだまだお席がございますので皆様のご予約待ってます。

 ではでは、お店のクマが元気がないのを心配しながら今宵も大山セレーノで皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 

 

 

 ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »