お客様

2007年10月29日 (月)

セレーノ全面禁煙

 セレーノでは、10月から全面的に禁煙となりました。 オープンする準備のときから、懸案事項として考えていました。 僕自身は吸わないんであんまり良くわからないのですが、喫煙者のかたは食事とタバコはきっても切れない関係みたいです。(実は、レストランのコックは吸う人のほうが多いんですよ。) 僕は、まわりで吸われても気にしないほうなんですが、やはり、お客様からはこういう時代だし、禁煙にしたほうがという意見が多くて、踏み切りました。
 本当は、喫煙ルーム(格好良く言えば、シガールーム)を用意したいところですが、なにぶんわがセレーノは狭いので、いろいろ考えたのですが無理でした。(なにせ、キッチンなんかファミリータイプのマンションのキッチンぐらいしかないんで。)
 常連のお客様にも喫煙者のかたがけっこういらっしゃって、心苦しいのですが、外の文化会館の前の喫煙スペースで吸っていただいてます。 快く、しょうがないよねと言ってくださり、感謝しております。 でも、これから寒いしな~ 本当にすいません。(そういえば、H先輩すいません、禁煙にしちゃいました)
 禁煙にしたことでお店がいいほうに向かってくれると嬉しいのですが、自分で自分の首を絞める結果にならなければ・・・
 ただでさえ、なのに敷居が高いとか、(もともと高い喫茶店のお店をそのまま使っているせい?) メニューがわかりにくくて、普通のものが無いとか、(これは、僕のやりたいようにやってるせい?) 一皿の量が多いとか、(僕の食べる量が基準だから・・・) お客様からいわれるのに、これ以上マイナスポイントが増えては、危険です。
 近くでお蕎麦屋さんをやっていらっしゃる大将に、軌道に乗るまで三年かかるよと教えていただいたのですが、本当に大変です。(最近、忙しく行けてません。ごめんなさい。)
 僕たち自身が行きたい店というコンセプトで店をはじめたので、やっぱり万人受けするお店にはならなくて・・・ 大山は、飲食店も多く、(特に居酒屋さん)、他とは違うお店ということで、ドリンクもイタリアワインに絞って、ワインと料理の楽しめるお店にしました。
 まだまだ、喫茶店だと思って入っていらっしゃるお客様もおおく、ここにイタリアンレストランがあるんだと皆様に認識していただくには時間がかかりそうです。
 地道に日々精進してがんばります。 板橋区の大山に“トラットリア セレーノ”ありと言われるその日まで! 

2007年10月28日 (日)

台風20号

 昨日の季節はずれの台風、すごかったですね~ 土曜日、台風がくるって聞いて、せっかくのかきいれどきなのにもうだめだーって思って泣いてました。 (セレーノは土曜日が一番忙しいんです。)
Images_2   しかし、ランチ時、雨降り出してるにもかかわらず、結構お客様がお見えになり、あきらめていた僕は、けっこうやられました。 大学のときの友達のYさん家族もかわいいお子さんを連れてきてくれて、けっこうにぎやか!
 夜も3組ですが、予約をいただいて、すごい雨の中、本当に感謝、感謝の嵐です。 (でも、だいたい同じ時間だったので、ひとりでやってる僕は、これがMAX! いつも、これ以上は、申し訳ないのですが、満席にさせていただいてます。 修練が足りず申し訳ありません)
 ここ大山まで、歩いていらっしゃったお客様で、予約の時間、すごいどしゃぶりでちょっと家出れないのでとお電話をくださり、すこしやんだら行きますといっていただいたり、お近くの常連のお客様には、予約したけど雨すごいから、他にお客様がいなくて早仕舞いするなら、また今度でもいいよって言っていただいたり、本当に感謝の言葉もありません。
 皆様、殻つき牡蠣のオーブン焼きを食べていただきました。 今の前菜のお薦めは、これです! 殻ごとオーブンで焼いて、半レアで、シチリア産のEx.ヴァージンオリーブオイルをかけ、レモンを添えて出してます。 シンプルで何もしてない料理なんですが、ちょっと気に入ってます。
 以前よく、ソムリエの実家のほうから、厚岸産の牡蠣をおくっていただいていて、それまで、牡蠣ってあんまり好きではなかったんですが、いろいろ作って食べているうちに好きになりました。 (うちの長崎の実家のほうでは、打ち牡蠣っていって、天然の小粒の牡蠣の岩場にくっついてるのを、殻をたたいて中身を取り出すのが昔は、ポピュラーで、食べ方も酢牡蠣だったんですよね~)
 一箱に殻つきで50個ぐらい入っているので、いろいろ料理しました。 生、焼き、フライ、ほうれん草とグラタン、バターソテー、土手鍋、しゃぶしゃぶ、牡蠣ご飯・・・・ そのなかで、特に好きだったのは、焼き牡蠣としゃぶしゃぶでした。 (焼き牡蠣は、コンロに牡蠣の殻が飛び散って大変なんですけど。) 実は、オーブン焼きは、その二つを思い描いて、合わせた料理です。 なんだか、今日は、感謝ばかりですけど、ソムリエの実家のお父さんにも感謝です。
 牡蠣といえば、写真で見たフランスのレストランの風景が思い浮かびます。
02s  牡蠣の時期になると、レストランの店頭に牡蠣売りのブースができて、エカイエと呼ばれる牡蠣剥きの職人の人たちがいて売ってるそうです。一度、フランスにいって見てみたいな~
 ダースで食べる方も多くて、歴史上の人物も、誰それが牡蠣を何ダース食べたって記録に残ってるくらい。 でも、いつもこういう食材をみて、思うのが、初めてたべたひとはすごいな~っていうこと。 牡蠣だって、もし殻ごと海にあって、これが食べれるなんてきづくのか? 他にも見た目、変わっているもんなんかもありますよね~ 人類の食欲は偉大ってことですか! そのうち、地球食べつくしてしまうんじゃないかな?


 

2007年10月 5日 (金)

BGMなににしよう。

013 木曜日、セレーノ は、なぜか、いつも暇なんです。大山に人はいないのかー
こういう時、常連さんに来ていただけると、ホッとします。
 今日、いらっしゃって下さった常連さんは、新宿の某和食屋さん(セレーノを検索すると、ブログを書いてくださってる)のKマスターの紹介で常連になってくださった方です。(Kさん、いつも感謝しております)
 いろいろとうちのことも心配してくださってて、趣味もこうじて、BGM用にとたくさんCDを持ってきてくださいます。店の雰囲気に合うようにと、ジャズが多いです。ぼくは、そのへんは、まったく門外漢なので(いつも聴いてるのは、歌謡曲だし・・・)大変助かっています。
 いろいろお話を聞いていると、もう今は手に入らないものとかもあったりして、その道のひとが聴けばなかなか楽しそう。まったく、わからない僕もこれいいなーとか思えるやつとかあって、今度是非、生で聴いてみたいなぁ~
 本当にお客様には、お世話になることが多くて、まだ、店を始めたばっかりの僕にいろいろ助言や励ましをいただいたり、つぶれないように足繁く通ってくださったり、感謝の言葉もありません。その気持ちを幾ばくかでも、料理にこめて、お届けしたいと思います。
 ジャズがお好きな方、セレーノは、BGMも売りです!