板橋区大山

2008年10月20日 (月)

板橋区民祭りだー  Part2

 またこの時期がやってきました。

 セレーノがオープンしてから2度目の板橋区民祭りです。 第37回だそうです。

 今年は、うちもなんか出店でもやろうかなんていろいろ考えたんですが、断念weep

 なかなかお店のイメージを壊さずにお祭りにあったものを提供するというのは、いろいろな点から難しくて。

 ま、ちょっとは参加しようといつも1200円の休日のランチを1000円で板橋区民祭り特別メニューということでやりました。

 ランチにいらっしゃった方はほとんど初めてのお客様ばかりだったうえに、割引したことはどこにも書かなかったので気づく人いなかったかも。

 「いつもは1200円のところ1000円!」なんて、スーパーの特売みたいなんでhappy02、書くのは止めにしました。

 夜は暇かなと腹をくくっていたのですが、知り合いや常連のお客様がいらっしゃって、寂しい感じにならなくてすみました。 本当に感謝の言葉もありません。

 休憩時間、走り回ってザーッとですが、お祭り見て回りました。

 残念ながら、うちのパン屋さんも出演してるサンバパレードはランチ中で見逃しましたけど…

 見て回ったといっても、ほとんど食べ物の屋台ばっかりです。

 人気だったのは、焼き饅頭、こんにゃく、沖縄焼きそば、ちくわ、佐世保バーガー、毎年大人気のラーメン、ジャンボ焼き鳥なんかが長蛇の列でした。

 佐世保出身の僕としては、お好み焼きみたいなハンバーガーを佐世保名物として売られても… 

 最近、誤解する人が多いんでココでお断りしておきますが、佐世保では夕飯の食卓にハンバーガーなんてことはありませんし、あんな馬鹿でかいハンバーガーなんてありません。

 でも、久しぶりにこの前田舎に帰ったら、佐世保バーガーのお店がいっぱいできてて、超ビックリsign01 子供のころ、ハンバーガーといえば、“らりるれろ”だったのに。(ものすごいローカルネタ! 昔からある例の有名なお店はちょっと子供が入る感じじゃないんで) TVのちからって恐ろしいですね~

 今年はなんか、エスニック系やお店をやってらっしゃる方の出店が多くなってるような気がしました。 中板橋のリアルエールのお店“RIVER SIDE”さんも出てました。

 残念ながら、古本市は去年より規模が小さくなったような気がしました。 来年はがんばって欲しいところです。

 以前ほどでなくなったとは言いながらも、相変わらず凄い人出です。

 ま、セレーノの中にはいつもどおり、ゆったりした時間が流れてましたけど…

 バタバタしているのは僕だけcrying

ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

2008年9月13日 (土)

遊座大山商店街はイタリアン王国!

 え~ セレーノのある遊座大山商店街イタリアン王国です!

 400メートルくらいの商店街に6軒もイタリア料理店がひしめいてます。

 はっきりいって、お隣のハッピーロードに比べるとそれほどにぎやかな商店街とは思えないのに・・・・

 つい最近、わがセレーノのちょっと先にも新しいイタリア料理店が! おっと、ライバル出現か?

 ま、6軒それぞれ特徴があって、イタリアンって幅が広いんだなって思います。

 まず、老舗のパドマさん。 薄焼きのパリパリのピザと大皿料理が売り。 エスニックなメニューもあるみたい。 

 2軒目はジョニーのデスティニー。 ジョニーというのはシェフの名前です。 なんと、ガーナの人! しかし、そのすばやい腕から繰り出されるのは本格的なイタリア料理! アクセントの効いたアメリカ系のイタリア料理のお店です。 カウンターのみの小さなお店ですが、いつも常連さんで一杯! 日本人よりも丁寧で礼儀正しいジョニーの人柄もあって楽しいお店です。

 3軒目はピッツェリアのローロさん。 ピッツアの窯もあるナポリピッツアのお店です。 ピアノもあるキレイなお店です。 内装も豪華なヴェネチアンガラスなんかもあって、ちょっと高級なピッツェリアです。 いろいろイベントなんかもやってて板橋ウォーカーのナンバー1!

 4軒目はKAGETORAさん。 和の要素も取り入れた創作イタリア料理。 カフェっぽい造りもあいまって今時の若い人に人気ありそう。(なんか、オヤジ臭い言い方gawk)

 5軒目はチッチョーネさん。 ついこの間オープンしたピカピカshineのニューオープン!
セレーノのすぐそこなんで気になっているんですが・・・ まだ、あんまり情報は入ってきませんweep  近いうちに偵察に行かないと! オーソドックスなイタリアンな感じですが。 潜入してきま~す。

 え~ 6軒目はわがセレーノ! イタリアワインが100種類のお店です。 ソムリエもおります。 古木をつかった落ち着いた雰囲気の内装と一枚板の米松のカウンター。 以前の登美亭のまんまって声もありますが・・・ 

 え~ 料理は、なんといったらいいのか? 正統派のイタリアンのつもりなんですが・・・
イタリアンレストランによくあるメニュー、カプレーゼとかカルボナーラとかないんでお客様にはなんの料理か分かりにくいかも。 メニューを開くと、疑問符で顔が一杯になるお客様がけっこういらっしゃいます。 イタリアによくいくお客様なんかには懐かしい味って言われることもありますが、イタリアでの修行経験はまったくありません。

 まー、もう僕のオリジナル料理ととらえてくださってもかまいません。 料理の源流として伝統的なイタリア料理があって、そこに素材や風土などのいろいろな要素を加味することによってセレーノのメニューは出来上がるわけですが、なかなか説明は難しいので。

 実際に来て、食べていただいて感じてください。 さりげなく、アピールhappy02

 このままいくと、遊座大山にイタリア街出現ってなことになるかも!

 表参道や青山、西麻布なんかじゃこれくらい普通だけど、板橋でこの密集具合は考えにくい状況です。

 うーん、セレーノも負けないようにもっと頑張らなくっちゃ。

   

ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

今日の料理: 愛知産 子持ち鮎のオーブン焼き 香草とマスタードのサルサをぬって

 鮎っておいしいですよねー そりゃ、天然のほうが香りもあっておいしいけど最近は半天然とか天然仕立てとかあって、なかなかいけます。 これは、出荷前に養殖のものを自然の川に放してからしばらくして出荷するみたいです。

 鮎は塩焼きがやっぱり一番なので、あまりメニューには載せないんですが、子持ちの誘惑に耐え切れず買ってしまいました。 自分が食べたいだけかい。

 若鮎に比べると香りは乏しいですが、プチプチした卵の食感がなんともいえません。 この時期しか食べれない珍味です。

 香草とマスタードのサルサは田楽をイメージして。 揚げて、うらごししたニンニクで旨みとぼってりした感じをつけてます。

2008年6月29日 (日)

日本の特別地域③ 東京都板橋区

 特別地域ってなんだ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これはの題名です。

096  副題が“格差もぶっとぶ! マイナー楽園都市

 板橋区民の方は、この本については賛否両論あるかもしれませんが、新参者の僕としては、歴史や色々なものの成り立ちを知る上でけっこう、役に立ちました。

 板橋区に住んではや15年を迎えようかとしている僕ですが、まだまだ新参者です。 他の区はわかりませんが、板橋ではその程度では新参者です。 親の代からなんて当たり前、商店街も何十年も店をやってらっしゃる方がたくさん!

 それに板橋にもともと住んでる方の郷土愛というか板橋愛というか、ハンパじゃありません。

 僕もいつのまにか感化されたのでしょうか、十年以上も住み、お店まで板橋の大山に出してしまいました。

 何にもないとか、どこいくのにも池袋基点とか、あまりポピュラーじゃないとか、空気が悪いとかいろいろ言いながら、なんだか馴染んで住みやすいんです。

 そのへんのところはこの本にいろいろと・・・

 上っ面だけ読んでくと板橋に対する批判ばっかりのように見えるのですが、よくよく読んでくと板橋愛にあふれてます。

 いろいろ疑問に思ってた板橋のへんなところも、歴史を紐解けば、一発解決sign01

 そういえば、常連のお客様に“大山で商売うまくいけば、日本全国どこでもやれる!”って伺って、それだけ難しいってことじゃん、出来ればやる前に、トホホcryingって思ってたことも完全に裏付けるような内容。

 見出しに“100円ショップが安さで負けて撤退!”とか書かれてますもん。

 そりゃ、うちの経営も苦しいわけだ。

 でも、この本エキセントリックな表紙がいまいち受けなさそう。 これで硬そうな表紙だったらお年寄りに受けて相当売れそうだけど。

 うちではよく大山価格というのを耳にしますが、これには“板橋価格についていけない大企業”って見出しも躍ってます。

 セレーノも板橋価格(大山価格?)として頑張ってます。 メニューだけ見るとそうでも無さそうですが、前菜、パスタ、メインとしっかり食べ、ワインもボトルで飲んでいただくとわかると思いいます。 是非、一度騙されたと思って、お試し下さいませhappy01

ぜひ、この本は特に板橋区に外から越してきた方なんかには、いろんな疑問の解決の糸口になると思います。 是非ご参考にしてみてはいかがでしょう。

 物にはいろんな見方があるので、これ一冊で板橋は語れないと思いますが・・・ 料理と一緒ですね。

ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

今日の料理: クトゥリエッドゥ
                北海道夕張産仔羊の軽い土鍋煮込み プーリア風

 南部一帯にある料理です。 羊と香味野菜を水でゆっくり煮る料理です。 トマトや香辛料はその地方で入れたり、使い方が違います。

 道具も土鍋だったり、専用の銅鍋、もしくは真鍮製の水筒みたいなやつだったり、いろいろみたいです。

 今回はスネとそのほかの部位を使いました。 スネからだしが出るので、それだけで充分おいしいです。

 本来は最初、肉は焼かないんですが、今回の北海道産の羊はちょっと脂が多く、仔羊らしい香りもイマイチだったんで、焼いてみました。

 多めに仕込んで端っこの肉も入れて、今日の賄いに。 赤ワインとの相性最高ですcatface

 

2008年5月 8日 (木)

パン

 セレーノでいつもお出ししているパン(バゲット)は、大山ハッピーロードのイグレクテさんに頼んで焼いてもらっています。

 大山で一番人気のサンバの流れるパン屋さん。 シェフの髪型がトレードマークhappy01

Kc3b0021   大山近辺にお住まいのお客様は「このパン、イグレクテでしょう」ってよくあてられるのですが、都心からいらっしゃった方、特にパン好きなお客様には「このパン、どこで買ってるの」といつもたずねられます。

 みなさん、板橋の大山でこんな本格的なバゲットに出会うなんて思ってもみないでしょうから・・・

 表面はしっかりと焼きこまれてて、なかは粉の旨みが感じられ、それでいて口どけのいい感じです。 

 よくレストランでパンを焼いていらっしゃる方も多いんですが、うちはなにせ厨房の狭いのとなかなか時間の工面が難しいなどいろいろ問題もあって・・・

 パンを焼いているレストランにもいたことあるんでそれなりにつくれるんですが・・・

 なんで、セレーノでやんないのかというとやっぱり一番の理由は自分の納得したものが作れないということです。

 自分の技量の無さを告白するようで恥ずかしいのですが、パンは本当に難しいです。

 手作りということで、温かい焼きたてのパンは喜んでいただけるのですが、やはり、パン屋さんがつくるバゲットに比べると・・・・

 ましてや、こんな近くにいいパン屋さんがあるので。

 代わりといってはなんですが、細いグリッシーニを焼いてます。

 一部のお客様の間ではポッキーなんて呼ばれてますが。

 見た目、たいしたことないんですが、手間はパンを焼く以上にかかってるかも。

 イースト少なくして発酵時間も長いし、一本一本手で伸ばすし、細いから焦げやすいし、なかなかの問題児です。

 中にいれるハーブや香辛料なんかを変えて楽しんでます。 アミューズの代わりです。

 毎日イグレクテさんに通っているので、そのパンの豊富な種類とハード系のパンが充実しているのにびっくりします。

 板橋のいっぴんでもある名物のスルドを筆頭として、いろいろあります。

 僕のおすすめは“フランクエピ”です。 ちょっとかたいのですが、噛めば噛むほど味がしみだします。 

 昨日食べた“ごまチ棒”もおいしかったです。 ブルターニュ風クロワッサンとか林檎をまるごと使ったパンとか、アンパンマン(チョコクリーム)などなど・・・

 ぜひ一度お試しください。 セレーノでお出ししているバゲットも。 人気なんで、よく売り切れてますが。

ブログランキングなるものに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
               
もしよろしければ、ワンクリックお願いします >>>>  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

今日の料理: 北海道産 白貝のソテー アンチョビ風味

 白貝は、その名の通り白い2枚貝です。 平ぺったくて、横に長い感じ。

 ちょっと歯ごたえは強いですが、貝の旨みが凄いです。

 皿貝、満珠貝、万寿貝などとも呼ばれます。 北海道の他に、石川、富山あたりのものが多いです。

 最初にこの貝を見たのは、僕の一番始めての修行先でした。 たぶん、九州にはないんじゃないかな。

 料理法もまったく同じです。 シンプルな調理法が多い店だったので、魚介類をこのニンニクとアンチョビ、オリーブオイルでつくるソースの中で火を入れるのは定番でした。

 簡単な料理法ですが、こうすると魚介類の甘みが際立ちます。 よくそれじゃ火入れすぎと怒られたのを思い出しながら作ってますbearing

2008年4月14日 (月)

大山でサンバ!

 今日は曇りで雨がポツポツrain

 仕込みしていたら、雷の音!

 とおもったら、サンバパレードcoldsweats02

 遊座大山商店街の名物となりつつあるサンバです。

 実はセレーノの常連のお客様もこのチームに参加していて、いままでも何度か見に行きました。 といっても、うちの店の前の文化会館の前で一端停止して、入り口のところで踊るんで店から見えるんですが。

083  すいません。 人だかり凄くて写真うまく撮れませんでした。 これじゃ何がなんだか分かんないってまた、ソムリエに怒られそう・・・

 ブロコファミリアというチームだそうです。 あられもない格好で踊っているお姉さんもいて、僕みたいな子供には刺激が強すぎますcatface

 板橋の大山はお年寄りおおいんで大丈夫かなって思ってたら、もう3、4回目のせいかみなさんもの珍しそうに立ち止まってきいていらっしゃいます。

 なんだか、踊りだしたくなるような音です。 細胞が共鳴するというか、人の奥底にある原始的な部分を奮わせる感じがします。

 ま、もっとも僕が踊りだしたらみんな逃げちゃうでしょうけどshock

 最初このチームの演奏を聴いたとき、僕のおもってたサンバのイメージと違ってびっくりdanger

 すごい重低音の太鼓の音がお腹のそこに響く感じなんです。 もっと鐘の音のようなキンキンした音を想像していたんで。

 勝手なイメージなんでしょうけど、浅草のサンバパレードも見たことないし、ましてブラジルなんてまったく。

 でも、サンバの音楽はほぼ毎日きいています。

 セレーノがお願いしているパン屋さんは常にBGMがサンバ! どうもご主人の趣味みたいです。

 なにか仕事以外で趣味のある人っていいですよね。

 僕の場合、趣味といっても読書ぐらいで・・・

 まあ料理のほうも独立して、セレーノをオープンしてから最近は趣味でやってるんだか、仕事なんだかよくわかんないんですけど(笑)

ブログランキングなるものに参加してみました。
                       
 もしよろしければ、クリックして下さい。>>>>にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

今日の料理: 北海道産 きたあかりのニョッキ 
            福岡産 たけのことパルミジャーノ風味の軽いバターソース

 国産の筍、出始めました。 イタリアでは食べませんがやっぱり売ってるとつい手が出ちゃいます。

 たけのこはバターやオリーブオイルとの相性もいいし、それ自体、個性が強いので結構使いやすいです。

 だしで煮たりするわけではないんでちょっと邪道ですが、あくは残した感じに仕上げてあります。

 ニョッキのきたあかりのじゃがいもの甘さとバランスがとれてて結構おもしろいと思います。

 ソースはたけのこを煮たブロードにバターをおとして。 イタリアのよりバター減らして、ほんのちょっとだけつなぎでクリーム入れてあります。

 次は、たけのこご飯でもつくろうかな~ (あ、リゾットにしないと)

 

 

2007年11月 9日 (金)

木曜は鬼門!

 なんででしょうね~ 木曜はたいてい、お客様の入りが悪いです。 ま、いつも、そんなにはいってないんですけど・・・(笑)  定休日、月曜から木曜に変えたほうがいいのかなって話、いつもしています。

 都心では、木、金はかきいれどきなんですけど、やっぱり大山は違うのかな。 土、日の夜が入りますし。 でも、終わった後、偵察がてら近くの居酒屋さんにいったら結構はいっているし。 大山じゃ有名な、あの矢の絵のとこなんで、いつも混んでんですけど、うちもあやかりたい。

020  うちのお店、セレーノは、知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、大山では、高級な喫茶店が20年近く営業してた場所で、外も、内装もほぼそのままでやってます。

 実は、開店時にそんなにお金がなかったのもありますが、ふたりとも前のお店が大好きで、以前からこんなお店ができたらなと思っていました。
 分厚い米松の一枚板のカウンター、古い民家の古木を使った内装、木を張り合わせた床、カウンターと同じ材質の看板など、数え上げたらきりがないくらい、いいところです。 20年経って、使い込まれた感じもでてきて、落ち着いたおみせでした。 自分では、こんなにお金をかけたお店はできないので、店造りの参考にしようとおもっていました。

 運よく、前のオーナーの方のご好意もあって、借りることができて、今のセレーノがあります。  都心から少しはなれた場所で、駅から近く商店街から一歩曲がった路地と、想定してたとおりの立地です。 舞台は整いました!

 ここまでは、良かったのですが、板橋区の大山東上線はなかなか知らない人にとっては未知の領域みたいです。
 十年以上、中板橋に住んでいる僕には、わからなかったんですけど、ほとんど、池袋どまりで、その先というのは・・・ 知り合いの方や、友達も、来てもらって、「池袋からこんな近いんだ~」とか、「想像したのと違って、賑わった商店街のとこだね。」とか、板橋区民の僕からしてみると、結構、失礼な感想でした。 よっぽど、田舎でやってると思われたみたい。

 でも、本当にいいとこですよ。 物価も安いし、昔ながらのお店もけっこうあるし、大きな商店街(遊座大山、ハッピーロード大山)、ちょっと足をのばせば、自然もあるし。 ま、一度、散歩がてら、商店街でもぶらりと覗いてみてください。 いろいろ、楽しいですよ! そのあと、うちのお店に来ていただければ、なお、たのしいですよ(笑)

 東京の数少ない下町のトラットリアとして、地域に根付いて、すこしづついいお店になっていければいいなと思っています。 みなさんの貴重なご意見、お聞かせください。 よろしくおねがいします。

2007年10月21日 (日)

板橋区民祭りだー

 今日は、ここ大山で一年間のうちで最大のイベント、板橋区民祭りです。 他の地域の方はたぶん知らないと思うんですが、結構にぎやかなお祭りなんですよ。 いろいろ食べ物の屋台も出てて、パレードもあって・・・
 なんといっても楽しいのが、日本全国の県とのブースとか、世界各国のいろんな国のブースとかあって、他では食べられない珍しい独特な食べ物がその場で食べれることです。 モンゴル、マレーシア、チュニジア、アフリカ、韓国、インド、パキスタンなどいろいろです。
016  ぼくもほぼ毎年、10年近くいってるので毎回でてるブースとか、楽しみにしてます。 今日も休憩中抜け出して、ちょっと回ってきました。 常連のお客様に見つかって、ちょっとバツが悪かったけど・・・
 外では、そんなにぎやかなお祭りが繰り広げられているんですけれど、ここセレーノはどこ吹く風、いつも通りの営業です。 さすがにランチのメニューは絞ってやってますけれど、夜は変えてません。 店の前で物を売ったり、ブースを出店したり、いろいろやってるお店もあるんですけど、人もいないし、手がまわりませんでした。 宣伝効果を考えるとマイナスなんでしょうけど・・・
 ま、でも、来店してくださった一人ひとりのお客様に満足していただけるような店を目指しているので、無理はせず、きっちりした仕事をしていきたいと思います。
 しかし、恐れていた通り、夜はぜんぜんお祭り帰りの人をつかまえられませんでした。 いつもの常連様だけで・・・ 暇かなと心配してきてくださった方もいて有難いかぎりです。
 明日ももう一日お祭りがあるので、板橋区の皆様にイタリアンレストランがありますよということだけでも伝えられるようがんばります。